So-net無料ブログ作成
検索選択

HAPPY FAMILIES Master Mr Miss Mrs [ハッピーファミリ絵本]

画像my 016.jpg  今回は、{ HAPPY FAMILIES }シリーズ(Puffin/Viking 刊) を紹介したいと思います。

 このHAPPY FAMILIES シリーズは、16冊以上あり、一冊づつ 主要登場人物である Master~,  Mr ~, Miss~, Mrs~, Mr and Mrs~ ,を中心に、物語が展開します。

 一冊づつは、それほど長い物語ではありません。 ですが、皆、同じ町に住む人達で、それぞれアレコレと関係してきます。
 そして、一冊のなかに、「 but that' another story とか、 「It's reary is another story」とかの文が、けっこう出てくるわけです。
 それはまた別の話なので、そっちの物語を読んで下さい。
 そうすると、ドンドン話がつながってきますよ、という設定なわけです。

 小さい子供向けというか、まあ、そういう類の本ではあります。
 難をいえば、物語が短いわりに(普通に読むと5分で読める)、一冊の値段が高いことですね。
 普通サイズの薄い本ですが、凝った絵がふんだんに入っているので、絵本的な感覚があります。
 
 一応、一話完結ですから、一冊だけ読んでも、けっこう楽しめますが、
 another story の部分が気になって、眠れない人もいるかもしれません。

写真に示した一冊、「Master Bun the Baker's Boy 」の最初のところを、ちょっと見てみましょう。

Bertie Bun  was a born to be a baker.
His dad was a baker.
His mum was a baker .
His grandmas and granpas were bakers.
His uncle was a boxer but that' another story.

Bertie  Bun 君は、生粋の Baker 家系?に、baker になるべくして生まれてきたわけです。
ここから、彼の物語が始まります。
 さっそく、boxer のおじ(uncle)の件は、また別のお話(「Mr Biff the Boxer」?)、と振られてしまいました。気になりますね。

 英文の内容に関しては、大仰な単語は出てこないのですが、中学1・2年の場合、少し辞書引きしないと、不明な動詞表現があるかもしれません。
 例えば、この本では、
run off with~=~を持って逃げる、 Browned off=うんざりした)、の表現が出てきます。
 もっとも、dog が with bread で ran off してますし、Browned off with bread には すぐ and boring with baking が続いていますので、直感的に意味のわかる人も多いと思います。

 そこをクリアできれば、中学の知識の範囲内で、十分に、楽しく読めると思います。

 数をそろえれば、あなたも、HAPPY FAMILLIES WORLD の一員になれるかも。

  実は、前回紹介した Sophie も、このシリーズの大ファンです(4才なんですね)。
 カードのset of Happy Families で父親を打ち負かし、残った最後のカードを指差して、” Please can I have MIss Bun the Baker's Daughter? ” ”And Master Bones the Butcher's Son?” と言っているシーンがあります。
 Sophie の物語に登場するのは、それほど子供に人気がある、という証拠に他なりません。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0