So-net無料ブログ作成
検索選択

My Father's Dragonエルマー3部作


画像0719.jpg
My Father’s Dragon エルマー3部作の第1巻をご紹介します。

3部作は、
My Father’s Dragon
Elmer and the Dragon
The Dragon of Blueland 著者は、RUTH STILES GANNETT
です。

エルマーの冒険として、子供の定番の読み物になっている、かわいいドラゴンの出てくるファンタジーシリーズです。

この本は、1948年に出版された本で、ニューベリーをとっているので、公立の図書館にも、置いてあるところは多いと思います。
すでに著作権がきれていますので、プロジェクト・グーテンベルグ(著作権切れの本のネット図書館収録プロジェクト)のネットサイトから無料で全文をダウンロードすることも可能です。
プロジェクト・グーテンベルグ
http://www.gutenberg.org/catalog/world/search

なお、プロジェクト・グーテンベルグで、他の絵本などをサーチする際には、タイトル等が不明の場合、Picture book, children , fairy tale などとすると、見つけやすくなると思います。英語の本は、3万点以上収蔵されています。 

ですが、本書、My Father’s Dragon の場合、販売されている本の方がカラフルですし、読みやすいと思います。

今回は、ちょっと長く、My Father’s Dragonをみてゆきたいと思います。
第1章全部と、第2章の途中までです。

実は、この本の文は、文の構造が、けっこうやっかいな部分を含んでおりまして、学校でやっているように和訳するように読むとしますと、高校1年の終わり頃でないと、少し難しいかもしれません。

でも、はなから、わかりにくいムダな和訳をやめて、
英語をそのまま、頭からドンドン読むようにすれば、
(なれないので、難しいかもしれませんが、それが英語本来の読み方なのです)、

何とか、読み続けられると思います。
なるべく、和訳せずに、そのまま英文を頭から読む習慣をつけると、どんどん英文が読みやすくなります。

単語は、難しいものは、あまり出てきませんので、ほんの少しやっかいになる程度ですむと思います。

なお、Elmer(My Father)のknapsack(冒険のお供)には、その都度、イロイロなものが詰め込まれ、それがアチコチで不思議と役に立つのですが、この本をず~と読んでいきますと、peanut butter and jelly sandwiches とか、Tangerineオレンジとかが無性に食べたくなります。私だけかもしれませんが。ストーリーとは別の次元の話なのですが...

では、さっそく、第1章です。
少し引用が長いので、疲れましたら、オドホドで休んで下さい。

Chapter One

画像0719 007.jpg

MY FATHER MEETS THE CAT


One cold rainy day when my father was a little boy, he met an old  alley cat on his street. The cat was very drippy and uncomfortable so my father said, "Wouldn't you like to come home with me?"

文中のwhen, where,who は、whenそのときは、 whereそこでは、 whoそのひとは、のように、「前の文」を受けて、文をつなげてゆく説明に多く用いられます。この使い方になれると、英文をよりスムーズに読むことができます。
ここでは、「ある冷たい雨の日のこと、そのときは私の父はまだ小さい子供だったのですが」とつながります。

old alley cat:飼い主のいない老猫(捨て猫)、alleyは狭い路地、
~so my father said:The cat~uncomfortable(そのネコはずぶぬれで、非常に不快そうだった)でピリオドを打って、いったん文を終了させるとわかりやすいのですが、そのままつなげても英文的にはかまわない、と考えて下さい。


This surprised the cat― she had never before met anyone who care about old alley cats ―But she said, "I'd be very much obliged if I could sit by a warm furnace, and perhaps have a saucer of milk."
"We have a very nice furnace to sit by," said my father, "and I'm sure my mother has an extra saucer of milk."

文中のwho が出てきました。
she had never before met anyone who care about old alley cats
ネコは女性格でsheとなります。彼女は今までけっして出合ったことがなかったanyone who care about old alley cats だれかーそのひとはー飼い主のいない老猫のことを気にかけてくれる、 という感じでつながります。
和訳すると、彼女(ネコ)は、「飼い主のいない老猫のことを気にかけてくれる人」には、今までけっして出合ったことがなかった、となりますが、このように和訳して読んでは、イケマセン。
she had never before met anyoneまで読んで、文中のwho そのひとは、で、そのままcare about old alley cats と、つなげて読みましょう。

I'd be very much obliged:とてもありがたいと思う
if I could sit by a warm furnace, and perhaps have a saucer of milk:もし、あたたかい暖炉のそばで居られて、たぶんミルクの一皿でももらえるなら、


My father and the cat became good friends but my father's mother was very upset about the cat.
She hated cats, particularly ugly old alleycats.
"Elmer Elevator," she said to my father, "if you think I'm going to give that cat a saucer of milk, you're very wrong. Once you start feeding stray alley cats you might as well expect to feed every stray in town, and I am not going to do it!"

upset:動揺する(気が高ぶる)
Once you start feeding stray alley cats you might as well expect to feed every stray in town:一度、捨て猫にエサをやりだしたら、お前は、町にいる全ての捨て猫に、同じようにエサをやることになるんだよ。


This made my father very sad, and he apologized to the cat because his mother had been so rude.
He told the cat to stay anyway, and that somehow he would bring her a saucer of milk each day.
My father fed the cat for three weeks, but one day his mother found the cat's saucer in the cellar and she was extremely angry.
She whipped my father and threw the cat out the door, but later on my father sneaked out and found the cat.

rude:失礼な態度、乱暴 、 extreamly :ものすごく


Together they went for a walk in the park and tried to think of nice things to talk about. My father said, "When I grow up I'm going to have an airplane. Wouldn't it be wonderful to fly just anywhere you might think of!"
"Would you like to fly very, very much?" asked the cat.
"I certainly would. I'd do anything if I could fly."
"Well," said the cat, "If you'd really like to fly that much, I think I know of a sort of a way you might get to fly while you're still a little boy."
"You mean you know where I could get an airplane?"

文中のanywhere です。頭から読みましょう。
Wouldn't it be wonderful to fly just anywhere you might think of:
どんなにかすばらしいことだろう 飛んでゆけたら just anywhere you might think of(Justは強調)まさにどこにでも、自分が思ったところに
I certainly would. I'd do anything if I could fly:まさしくそうだね。もし飛べるなら、何でもするよ。

文中のwayと whileです。
I think /I know of a sort of a way /you might get to fly/ while you're still a little boy.
私は思う /私は知っているある種のway/君が飛ぶことができる while/君がまだ小さい子供である、 というぐあいに、頭の方から順につなげて、読んで下さい。
君がまだ子供のうちに飛ぶことができるある種の方法を、私は知っていると思うよ。

"Well, not exactly an airplane, but something even better. As you can see, I'm an old cat now, but in my younger days I was quite a traveler.
My traveling days are over but last spring I took just one more trip and sailed to the Island of Tangerina, stopping at the port of Cranberry.
 Well, it just so happened that I missed the boat, and while waiting for the next I thought I'd look around a bit.
 I was particularly interested in a place called Wild Island, which we had passed on our way to Tangerina. Wild Island and Tangerina are joined together by a long string of rocks, but people never go to Wild Island because it's mostly jungle and inhabited by very wild animals.
画像0719 005.jpg 
not exactly an airplane, but something even better:正しくは飛行機ってわけじゃないけれども、でも、もっといいものかな。
As you can see:ごらんのとおり
it just so happened that I missed the boat:たまたま船に乗り損ねたから起きた出来事なんだけど。
joined together by a long string of rocks:海に突き出た長い列をなした岩でつながっていて


So, I decided to go across the rocks and explore it for myself. It certainly is an interesting place, but I saw something there that made me want to weep."

but I saw something there that made me want to weep:しかも、そこで、泣きたくなるようなある光景を目にしたんだ。


やっと、第1章が終わりましたね。
お疲れ様です。

第2章の途中で、私の紹介は終わります。
第2章は、注釈を少なくしてみましたので、流れるように、読んでみて下さい。

休みながらでいいと思います。
本を買うまで読まなくても、いいと思います。でも、続きが気になりますよね。
ゆっくりお読み下さい。

Chapter Two

画像0719 009.jpg
MY FATHER RUNS AWAY

"Wild Island is practically cut in two by a very wide and muddy river," continued the cat. "This river begins near one end of the island and flows into the ocean at the other.
Now the animals there are very lazy, and they used to hate having to go all the way around the beginning of this river to get to the other side of the island.
画像0719 004.jpg

Lazy:怠惰な

It made visiting inconvenient and mail deliveries slow, particularly during the Christmas rush.
Crocodiles could have carried passengers and mail across the river, but crocodiles are very moody, and not the least bit dependable, and are always looking for something to eat.
They don't care if the animals have to walk around the river, so that's just what the animals did for many years."

visiting inconvenient and mail deliveries slow:行き来するのが不便で、手紙の配達が遅くなる
moody:気分屋
not the least bit dependable:ほんの少しも信頼できるものではない


"But what does all this have to do with airplanes?" asked my father, who thought the cat was taking an awfully long time to explain.

"Be patient, Elmer," said the cat, and she went on with the story.

Went on with the story:話をつづけた


"One day about four months before I arrived on Wild Island a baby dragon fell from a low-flying cloud onto the bank of the river.
 He was too young to fly very well, and besides, he had bruised one wing quite badly, so he couldn't get back to his cloud.
The animals found him soon afterwards and everybody said, 'Why, this is just exactly what
we've needed all these years!'
They tied a big rope around his neck and waited for the wing to get well. This was going to end all their crossing-the-river troubles."

画像0719 008.jpg
low-flying cloud:低空に浮かぶ雲
This was going to end all their crossing-the-river troubles.:これで「川わたりにまつわる面倒」とは、オサラバだ。


"I've never seen a dragon," said my father. "Did you see him? How big is he?"
"Oh, yes, indeed I saw the dragon. In fact, we became great friends," said the cat.
 "I used to hide in the bushes and talk to him when nobody was around. He's not a very big dragon, about the size of a large black bear, although I imagine he's grown quite a bit since I left. He's got a long tail and yellow and blue stripes. His horn and eyes and the bottoms of his feet are bright red, and he has gold-colored wings."


"Oh, how wonderful!" said my father. "What did the animals do with him
when his wing got well?"
"They started training him to carry passengers, and even though he is just a baby dragon, they work him all day and all night too sometimes.
They make him carry loads that are much too heavy, and if he complains, they twist his wings and beat him.
He's always tied to a stake on a rope just long enough to go across the river.

(中略:チョット長いので、少しとばします)

"Oh, I'd love to," said my father, and he was so angry at his mother for being rude to the cat that he didn't feel the least bit sad about running away from home for a while.
That very afternoon my father and the cat went down to the docks to see about ships going to the Island of Tangerina.


They found out that a ship would be sailing the next week, so right away they started planning for the rescue of the dragon.
The cat was a great help in suggesting things for my father to take with him, and she told him everything she knew about Wild Island. Of course, she was too old to go along.

she told him everything she knew about Wild Island:猫は彼に語った/全てを/ワイルドアイランドについて知っている
Of course , she was too old to go along:もちろん、彼女は一緒についてゆくには年をとりすぎていた


Everything had to be kept very secret, so when they found or bought anything to take on the trip they hid it behind a rock in the park.
The night before my father sailed he borrowed his father's knapsack and he and the cat packed everything very carefully. 
He took chewing gum, two dozen pink lollipops, a package of rubber bands, black rubber boots, a compass, a tooth brush and a tube of tooth paste, six magnifying glasses, a very sharp jackknife, a comb and a hairbrush, seven hair ribbons of different colors, an empty grain bag with a label saying "Cranberry,"  some clean clothes, and enough food to last my father while he was on the ship.
He couldn't live on mice, so he took twenty-five peanut butter and jelly sandwiches and six apples, because that's all the apples he could find in the pantry.

an empty grain bag with a label saying "Cranberry,":「クランベリー」というラベルの付いた空の穀物袋

ナップサック、いろんなものを入れるんですね。歯磨きとハブラシまで入ってますね。物語が進んでくると、入れたものが、不思議と役に立つんですね。

でも、ここまでくると、少しでなく、疲れましたね。
第1章を全部と、第2章まで少し入ってしまいました。

ちょっと長くて、息切れしましたか?
途中から、単語訳もついていなくて、シンドカッタですか?

ワリとスムーズに読めた方もおられるでしょう。一気に3巻セットで読んでみますか。

ところどころ、文の構造がやや難しくなっています。


でも、いよいよ冒険に出発しますので、ワクワクしますでしょう。

ベビードラゴンを、どう助けるのか?
エルマー・エレベーター(変な名前なんですね)は、どうやって戻ってくるのか?
(3部作ですから、まあ、ご想像通りの方法で、戻ってくるのですが)

エルマー3部作。
少し、読むのが大変なところはありますが、とても面白い物語です。
それぞれに、すてきな冒険がまっています。
ドラゴンの素敵なシマシマが、なんとなく気になるんですよね。
3部作全部、手元にそろえられると、きっと、家族全員のドラゴンがみれますね。

画像0719 010.jpg


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 5

コメントの受付は締め切りました
紺野 楓

こんばんは。
こちらでは初めまして。
とても可愛らしくて素敵なブログ!しかも、すごく分かりやすくて勉強になる!!
僕が子供の頃、こんな英語の教材があったら良かったのにとつくづく思いました。

子供が小学五年生でして、ちょっとずつ英語の勉強とかしてるんです。これはすごくためになるかも!と目が輝きました。言い回しとか、文法とか。
また来まーす♪
by 紺野 楓 (2011-07-22 19:05) 

マチャ

エルマーは学校の図書館にありました。
今も人気のシリーズですね。
by マチャ (2011-07-22 19:48) 

足立sunny

紺野さま、ご訪問ありがとうございます。
実のところ、当方、洋書はたくさん読んでいるのですが、何故か、基本力が不足しておりまして、カメラが趣味でありながら、strobe が正確に書けなかったんです。ブログを拝見して、つづりを再確認しました。

このブログでは、なるべく、やさしい洋書を、少しづつ見ていこうと思っています。その際、ちょっとづつですが、英文の読み方のポイントなどを入れられれば、と考えています。
といっても、それほど大そうなものではなく、ホンの少しなんですが。
小学生の方とか、中学生・高校生の方が、少しでも、やさしい洋書に触れて、ご自分で楽しんで読まれる一助となれば、幸いと思っています。
少しづつ、増やしますので、これからも宜しくお願いします。


by 足立sunny (2011-07-22 22:31) 

足立sunny

マチャさま、エルマー、やっぱり人気なんですね。
でも、学校の図書館に置くとは、なかなか先見の明のある学校ですね。
このシリーズは、できれば、中高生の方に、もっと読んで欲しいところです。

実は、当方、この3部作は、やさしい洋書を読み始めた頃、図書館で借りて読んだのです。
この手の本といいますか、こういうやさしい関係の本がもともっと数多く、公立図書館や学校の図書館にあると、英語環境もズイブン変わると思いますね。

中学生~高校にかけて、やさしい関係の本を、何十冊か、ワリと普通に読書する、そういう体制ができれば、今のカリキュラムの英語教育でも、花開くといいますか、実際に実が付く、と思うのです。
今のように、お仕着せの英文テクストばかり細部をつめて解読していたのでは、なかなか、英文を普通に読めるようにならない。そこのところが、もどかしいところです。
by 足立sunny (2011-07-22 23:02) 

マーク

本を読む事を好きになりました。でも今からipadに変わるかな。
by マーク (2012-01-19 14:00) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: