So-net無料ブログ作成

MATT CHRISTOPHER スポーツシリーズ

MATT CHRISTOPHER スポーツシリーズ
画像0724 002.jpg



























今回は、異色のKids読み物、MATT CHRISTOPHERスポーツシリーズをご紹介します。
著者は、もちろん、Catherine M. Christopher さんです。

☆☆
これは、野球物、バスケットボール物、サッカー物など、人気のスポーツのキッズ物語です。サッカー少年や野球少年・中高年には、とても面白い読み物と思いますが、そのスポーツのルールを知らない向きには、ハテナ?が多いかもしれません。

文の内容は、まさしくアメリカ英語そのままで、実は、日本で英語学習をしている中学・高校生の方には、相当読みづらい表現、わかりにくい表現が、けっこうたくさん出てくるものと思います。
社会人でTOEICなど受験されている方でも、少しとまどうかもしれません。

大人向けのペーパーバックなどと違って、決して難しいわけではありません。
あくまで子供向けの読み物ですから、スゴク難しい単語などは出てきません。慣れないのでわかりにくい、という実感でしょうか。
各巻100~130頁ですが、字も大きいので、分量的にはそれほど多くありません。
ただし、絵はナシで、文章だけです。

中高生の方的に申しますと、ちょっとですね、素直にやさしいとは言い難いのですが、そのような英語表現に慣れるステップとしては、好適のものと思いますので、おもいきってご紹介することにしました。

実際の本を読む際には、ですね、なるべく、一言一句、正確に訳そうと思わないで下さい。
そうすると、次に進めなくなります。
辞書を引いて単語を確認する、文法虎の巻などで文法事項を再確認するのは、もちろんOKですが(私もよく辞書を使いますし、虎の巻はマア便利ですね)、できれば、少々、アヤフヤところがあっても、こんな感じかな?くらいで、次に進んで下さると、より物語を楽しめます。
不安に思われるでしょうが、いろんな物語を面白く読んでゆくと、いつのまにか、けっこう正確に読めるようになります。

どの物語も、子供向けなのですが、大人が読んでもけっこう面白いんですよ!
これが。

☆☆
前書きが長くなりすぎました。ここから、本編のお話に移ります。

といっても、ウチには野球物しかないので、野球物から二つ選んでみました。

☆THE YEAR MOM WON THE PENNANT
コーチがいないパッとしない少年野球チームに、野球素人お母さんがマムコーチとして立ち上がります。はたして、MOMコーチはチームを優勝に導けるのか?
☆SHORTSTOP FROM TOKYO
少年野球チームに新人キッズが転入してきます。彼は、東京からやって来たスゴ腕のショート(ショートストップ:セカンドとサードの間のポジション)でした。はたして、レギュラーの座はこの新人に奪われてしまうのか?

では、さっそく、ちょっとだけ読んでみましょう。
今回は、絵はナシね。ウ~ン。

画像0724 002.jpg

☆ THE YEAR MOM WON THE PENNANT☆  《MATT CHRISTPHER》

1.

Nick Vassey drilled the ball straight over the plate. Boom ! The ball connected solidly with Gale Matson’s bat and rocketed over the fence, far left of the foul line.
“ Quit pulling that ball” yelled Cyclone Maylor at second base.
“ I’m not pulling it !” Gale yelled back, his face glistening in the hot sun.” I’m hitting it !”
Nick grinned. In spite of the monkey business going on, Gale could make the worst-temperered person break into a smile.
.

Nick Vassey drilled the ball straight over the plate:ニック・ヴァセイは、ボールをホームプレート上にまっすぐに投げつけた、 
The ball connected solidly with Gale Matson’s bat and rocketed over the fence, far left of the foul line:そのボールは、ゲール・マットソンのバットにしっかりと捉えられ、そしてファウルラインのはるか左側にあるフェンスをアッというまに越えていった。
Quit pulling that ball:無理に引っ張るのは止めろ、
In spite of the monkey business going on:くだらない意地の悪いやりとりを続けて、
Gale could make the worst-temperered person:すぐにかっとなる人物を演出することもできたが、
break into a smile:自然に微笑んでいた。


A moment later the smile disappered.
“ Isn’t anybody going after the ball” Nick asked.
No one Budged.The outfielders and the infielders were standing like atatues, some of them with their arms crossed, some even with their ankles crossed.
Pat Krupa , standing near third base, was closest to the ball.
“ Go after it , will you, Pat? “ Pleaded Nick.
“ We don’t have many balls.”
Pat glanced at the others behind him, made a face, and went on a slow run after the ball. He had to go out the gate, then swing right behind the fence.” Straighten ‘ em out next time, “ he grumbled as he ran by.
This is the trouble when you don’t have a coach, thought Nick. No one wants to do anything extra.

A moment later the smile disappered.:その直後に、微笑みはかき消えた、
No one Budged:だれも動かなかった、
standing like atatues, some of them with their arms crossed, some even with their ankles crossed:石像のように立っていた、ある者は腕を組んで、ある者はさらに足まで組んで、
Go after it , will you, Pat?:パット、ボールを取ってきてくれないか?
made a face:顔をしかめた、
went on a slow run after the ball:ゆっくりと走ってボールの後を追い出した、
Straighten ‘ em out next time:今度はちゃんと打ってくれよ、
No one wants to do anything extra:だれも、余分なことは何もしようとしない、

(中略)

“ But Nick says his father doesn’t want to coach us anymore” jim Rnnie said.
“why not? “ Cyclone turned a surpriseed look at Nick.
Nick shrugged. “ He’s working later hours now, so he doesn’t have time. And he’s never won the pennant. He figures maybe someone else could do better. How about your father,Gale? Have you asked him.”
“ He’s a cop, “ Gale answered , “ he works different shifts. He can’t.”
“ My dad can’t either, “ said Cyclone. “ He’s a pilot.He’s away a lot.”
“ How about your dad, Wayne ? “ Nick asked.” Think he’d kike to coach us ? “
Wayne shook his head and ran his hand up the full length of his bat.” He doesn’t have time either.”
“ Looks as if the Thunderballs have just fallen apart,” announced Russell Gray. “ I’m going to get on another team before it’s too late.”
“ It is too late,” said Nick.” The other teams have been formed.
“ Then what are we going to do? “
“ I don’t Know,” said Nick.

But Nick says his father doesn’t want to coach us anymore:だけど、ニックは言ってたぜ、彼の父はもうこれ以上私たちをコーチしたくないって、
why not?:どうして?、なぜなの?
Cyclone turned a surpriseed look at Nick:サイクロンは驚いた表情をニックに向けた:驚いた顔でニックを見た、
He figures maybe someone else could do better:彼は、だれか他の人のほうがふさわしいって、たぶん、思ったんじゃないかな。
he works different shifts. He can’t:彼は違う勤務時間シフトで働いているから。彼はできないよ。
Looks as if the Thunderballs have just fallen apart:どうも、みたところ、サンダーボールチームは、まさに空中分解ってとこだな、
I’m going to get on another team before it’s too late:俺は他のチームに入るつもりさ、手遅れにならないうちにね、
The other teams have been formed:もう他のチームは固まっているからね、

(中略)

“I have a thought,” Mom said.
Nick’s ear perked up.” What, Mom ? That I play on another team ? I can’t. It’s too late.”
“ No,Not that.”
“ What, then,Mom ? “
Mom’s eyes twinkled. “ Okey if I tried it ? Coaching the Thunderballs, I mean ? ”
Nick stared at her.” You ? You coach the Thunderballs ? Is that what you said, Mom ?”
Mom smiled. “ That’s what I said.”

I have a thought:私に考えがあるわ、
perk up:ぴんと立つ、
No,Not that:いいえ、そんなんじゃないわ、
Okey if I tried it ? Coaching the Thunderballs, I mean:いいわ、もし私がやってみるというのはどう?サンダーボールチームをコーチするっていう意味だけど、
You coach the Thunderballs ? Is that what you said, Mom ?:あなたがサンダーボールチームをコーチする?ママ、それがあなたの言っている意味なの?
That’s what I said. そう、それが私の言ったことだわ(:そのとおりよ)、

2
☆.
But, Mom ! “ Nick was dumbfounded. “ What do you know about coaching ? “
Mom loved baseball just as much as Dad.But only as a spectator. She just couldn’t mean what she had said.
“ !’ve watched baseball games for more years than I’d care to mention,” Mom explained. “ And I’ve seen coaches work too, Particulary your father.”
“ And I bet Momcan do just as well,” Sue put in, shaking back her blond curls.Her smile showed where she had lost a tooth.
“ She just do better. “ Dad admitted, beaming.
“ She just might,” echoed Jen, who had been born between Nick and Sue.
“What have you got to lose ? Dad said.
“ Without her you might not have a team at all.With her you will.”

dumbfounded:声もでないほど驚いた、
spectator:見物人
She just couldn’t mean what she had said:彼女は自分が何を言っているかその真の意味をわかって言っていない、(という感じだと思うのですが…)
“And I bet Mom can do just as well.” Sue put in:でも、私はかけてもいいわ、ママはちゃんとできるって、と、スーが割って入った、
She just do better. “ Dad admitted, beaming:彼女ならまさによりよくやってくれるな、パパは認めた、嬉しそうに、
What have you got to lose?:失うものでもなにかあるのかい?
Without her you might not have a team at all.With her you will:彼女なしでは、お前はチームを維持できないんだぞ、結局のところ。彼女がいれば、お前は維持できるんだ、

(後略)
けっこう疲れましたね、訳が少しヘンテコでしたかね。
誰か、コーチをつけないといけないかもしれませんね、このMomみたいな。


画像0724.jpg
☆ SHORTSTOP FROM TOKYO☆ 《MATT CHRISTPHER》


“Get two,Stogie “
“ Let’er come “
Stogie Crane yelled , back-trotting to deep short. He smacked the poket of his glove a couple of times and crouched forward, arms dangling, at the ege of the infield grass.
Coach Bob Dirkus, standing by home plate, tossed up the ball and rapped a hot, bouncing grounder a few feet to Stogie’s right side.The wiry shortstop rushed behind it, fielded the ball neatly, and whipped it underhand to second. Second baseman Russ Russo caught it on the bag and pegged it to First.The peg was high, but Bob Sobus jumped and speared it.
“Home it ! “  yelled the coach.

Get two,Stogie:ダブルプレーだ、ストーギー、
Let’er come:よしこい、
back-trotting to deep short:ショートの深い守備位置にタッタッと戻った、
smacked the poket of his glove a couple of times:グローブのポケット(タマを捕るところ)を数回タタいて、
rapped a hot, bouncing grounder a few feet to Stogie’s right side:強烈なゴロを、ストージーのわずか数フィート右サイドに、(バットで)たたきつけた、
wiry:屈強な
rushed behind it, fielded the ball neatly, and whipped it underhand to second:そのボールの背後にサッと回り込んで、正確にボールを捕り、そしてアンダーハンドでセカンドにトスした、
pegged it to First:そのボールをファーストにすばやく送球した、
speared it:speareは、やりだが、ここでは、刺すように捕った、
Home it:ホーム(ホームベース)に返球だ、

(中略)

“Hey, Stogei,” said Russ,as Fuzzy lollied the ball in to home. ” Here comes what’s-his name, that Japanese kid.”
“ Sam Suzuki, “ said Stogie.
The kid had just come around the dugout with a short, atoutish man who was his father. Sam Suzuki was short,too ,for his ege. He was about as old as Stogie and other kids on the Mohawk baseball team. What surprised Stogie was that Sam was wearing a Mohawk uniform. Boy, he certainly hadn’t wasted time in getting acquainted with Coach dirkus.Well, maybe the coach wanted no argument with Sam’s father, a judo expert.

lollied the ball in to home:ホームにボールを回す、
Here comes what’s-his name, that Japanese kid:ジャパニーズキッドのお出ましだぜ、
What surprised Stogie was that:ストーギーを驚かせたのは、
in getting acquainted with:正式に挨拶をかわす、

(中略)

“That’s Sam Suzuki, Stogie !” Coach Dirkus yelled.” Introduce yourself ! Then I wanted you to alternate with him.”
Stogie ‘s chin dropped. He forced a smile to try to mach the one plastered over Sam’s face and stuck out his hand.” Hi, Sam.I’m Stogie Crane.”
“ Hi, Stogie. I am Hideko Suzuki.Call me Sam.”
Stogie ‘s Amile faded slightly. “Did you play shortstop in Japan? “
“ I always play shortstop. My favorite position.” Sam laughed. “ You are not warried I play shortstop too, I hope ? ”
“ No.” But Stogie’s smile flickered, then died.
Heck,why shoud he be worried ?
Sam didn’t realy expect to take over the shortstop position, did he ? Beside, Coach Dirkus seldom let a kid play a full game. He would put in a sub about fourth or fifth inning.

Introduce yourself:自分で自己紹介しろ、
Alternate:代わる
plastered over:隠す、とりつくろう
Call me Sam:サムって呼んでね、サムの名前を見て、日本人なら何かピンときますね。
You are not warried I play shortstop too, I hope:あなたは不安に思ってないでしょうね、私もショートを守ることを、そう願っている、
Heck,why shoud he be worried:なんだって、不安に思わなくっちゃならないんだ?
take over:打ち負かす、奪取する、
seldom let a kid play a full game:めったにゲームのフルイニングを出場・プレイさせない、

(中略)

Sam’s turn was next. Stogie backed him up, smiling as he watched the coach hit a soft grounder to the Japanese boy. Sam charged the ball,caught it near the ground, snapped it underhand to Bob, then hustled to cover second.
Bob whipped the ball to him. Sam nabbed it out of the air, spun, and pegged it to third.The ball traveled like a white bullet.
“Nice going, Sam ! “ yelled CoachDirkus.
Sam looked around and amiled at Stogie.
“How do I look ? “ asked Sam proudly.
“ Good,Sam.” Said Stogie.” You look good.”
(後略)

Sam’s turn:サムの番(順番)、
then hustled to cover second:ダッシュしてセカンドベースのカバーに回った、
Sam nabbed it out of the air, spun, and pegged it to third:サムはボールを空中でつかんで、その場で回転し、矢のような送球をサードに送った、
The ball traveled like a white bullet:そのボールはまるで白い弾丸のように回されていった、
Proudly:誇らしげに、


☆☆
いかがでしたでしょうか?
楽しいMATT CHRISTPHER スポーツシリーズ。

野球、サッカー、バスケット以外にも、たくさんのスポーツ物語が揃っています。
あなたの得意カテゴリーのスポーツも見つかるでしょう。

身体のエクササイズにはなりませんが、童心にかえって「洋書で子供とスポーツ」も、たまには良いのではないでしょうか。

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
2ぴき

コメントありがとうございます。
また遊びにきますね。
by 2ぴき (2011-07-25 16:00) 

足立sunny

エートですね、お母さま、わざわざありがとうございます。
女の方(女の子も)は、年中(冬を除く:ブリザードのなかでは?ですね)、サンダル的ハキモノがはけて、いいですね。
足元のオサレも、女性の魅惑ポイントのひとつです。

息子さん、娘さん×お二人、の成長、本当に楽しみですね。仲良くて、うらやましいです。
すこしづつご訪問しますので、宜しくお願いします。
by 足立sunny (2011-07-25 17:08) 

トラックバック 1