So-net無料ブログ作成
検索選択

名作をグレードリーダーで読む(2)The Wizard of OZ オズの魔法使い

名作をグレードリーダーで読む(2)
今回ご紹介するのは、「The Wizard of OZ」 L.Frank.Baum です。
画像1011 008.jpg

「オズの魔法使い」The Wizard of OZ は、子供の頃に本で読み、その後映画で見た方も多いと思われますが、おそらく、日本でも、もっとも有名なお話の一つに数えられると思います。

マンチキン、かかし、ブリキのきこり、怖がりなライオンとか、エメラルドシティへと続くYellow brick road 、悪い魔女との戦いなど、いろいろと思い出される方も多いと思います。

世界中の人が見たと思われる「映画」はもちろん、世界各国でミュージカル:舞台にもなっていますので、世界でもっとも広く知られた物語の一つ、と言っても過言でないと思います。


☆☆
今回、ご用意いたしましたのは、グレーデッド・リーダーの2つと、原作そのものです。

(1)OXFORD BOOKWORMS LIBRARYステージ1の版

(2)IBCパブリッシング レベル2の版

(3)原書のThe Wizard of OZの版

の3つです。

(1)のオックスフォード版は、超短縮バージョンで、やさしいことはやさしいのですが、ぐっと短縮していますので、個別の部分が若干物足りない感もあるかと思います。
ですが、全体を通して読めば、十分楽しめる内容になっています。

(2)のIBCパブリッシング版は、原書のストーリーをほぼ再現しており、その文相当長くなっていますが、リ・トールドにより、原書より若干読みやすくなっています。

特に、100年以上前の英文を、ほんのちょとした手直しですが、随所に、やや現代的表現に直しているのが目立ちます。 

この版ですと、物語を存分に楽しめますので、最初に(1)をまずサット読んで、次にこの(2)をゆっくりと読む、という選択肢もあるかと思います。

(3)の原書ですが、実は、原書のThe Wizard of OZ は1900年の作ですが、比較的やさしく、かつ丁寧な英文で書かれています。
古いといっても、現代英文に全くないような単語・表現は出てきません。

ですから、上記(1)(2)のグレードリーダーではなく、最初から原作そのものを読む、という選択枝も十分考えられます。

分量は、もちろん原書が一番長いのですが、高校2年生ぐらいならば、多少辞書を駆使すればそれほどつっかえずに読み進められる英文で、だいたい書かれていると、思います。

実は、当方は、この原作がけっこう好きで(やさしい英語なのですが)、原作を、ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思っています。
機会がありましたら、是非、お読みいただきたい、すてきな本だと思います。

では、さっそくですが、まず、グレーデッド・リーダーから、みてまいりましょう。

☆☆
The wizard of Oz (OXFORD Bookworms Library)
画像1011 003.jpg
物語の簡単な前書説明 ー少し思い出して下さい、ですねー

In Kansas , USA, there are no wizards. But there are cyclones, and one day a cyclone blows Dorothy's house, with Dorothy and her dog Toto in it,  to a country called Oz. And in Oz there are four witches, and a very famous wizard - the Wizard of Oz.

Dorothy wants to go to home to Kansas ,but she doesn't know how to get there. She need help. " Go to the Emerald City ," the Witch of North tells her," and ask theWizard of Oz to help you."

Then Dorothy meets the Scarecrow, the Tin man, and the Cowardly Lion, but they need help too. So they all take the yellow brick road to the Emerald City. But what are they going to find there? Who -or what - is the famous Wizard of Oz ?

☆(第1章略ー第2章のスタートからー)
第2章 THE YELLOW BRICK ROAD


Dorothy and Toto walked along the yellow brick road for a long time. When they were tired, they stopped in a field by the road. Not far away , there was a scarecrow, and Dorothy and Toto walked across to look at it.

"Good day " said a Scarecrow.
" Oh! " said Dorothy. "You can speak! "
" Of course I can speak," said the Scarecrow. " But I can't move, up here on this pole・・・I'd like to get down . Can you help me? "


yellow brick road:エメラルド・シティへと続く黄色い煉瓦道
scarecrow:かかし
up here on this pole・・・I'd like to get down:
この杭に乗ったままさ・・・降りたいんだけどもね。


Carefully, Dorothy took the Scarecrow off his pole.
" Thank you very much," said the Scarecrow. He moved his arm and legs, and straw went everywhere.
" Who are you?", he asked. "And where are you going?"

画像1011 005.jpg

" I'm Dorothy, and I'm going to the Emerald City. I want to go home to kansas, but I don't know the way. I'm going to ask the Wizard of Oz for help."

" Where is the Emerald City?" asked the Scarecrow. " And who is the Wizard of Oz? I don't know anything, you see,because I don't know anything, you see,because I have no brains know anything, you see,because I have no brains in my head- only straw."   


I have no brains:haveの使い方に留意 I have no ideaーわからないなー


"Oh dear! " said Dorothy. " I'm very sorry."
" I would very much like to have some brains," the Scarecrow said. "Can  I go to the Emerald City with you? Perhaps the Wizard of Oz can give me some brains. What do you think? "

" I don't know," said Dorothy. " But yes, please come with me. He's a famous wizard, so perhaps he can elp you." She felt very sorry for the Scarecrow. 


She felt very sorry for the Scarecrow. :彼女はかかしをとてもかわいそうに思った。

(後略)

☆☆
続いて、IBCパブリッシング版ですが、ここでは、「ブリキのきこり」との出会いのシーンから抜き出してみました。少し長くなりますが、ご覧下さい。
画像1011 001.jpg
画像1011 002.jpg

☆☆The Wizard of Oz  IBCパブリッシング Level 2
(第1章~第4章省略 第5章からスタート)

5 THE SAVING OF THE TIN WOODMAN


When Dorothy woke up the sun was shining through the tree.
" We must go and look for some water," she said to the Scarecrow.
" Why do you want water?" he asked.
" To wash my face, and to drink," she replied.
" It must to be difficult to be a real person," said the Scarecrow thoughtfully,  " for you have to sleep, eat, and drink. However,you have brains and it is worth a lot of trouble to be able to think."   


Tin Wooodman:ブリキのきこり
It must to be difficult to be a real person:真の人間になるっていうのは本当に難しいもんだな


They left the little house and walked through the trees untill they found a little river of clear water.
When Dorothy had finished eating, drinking, and  washing, she was surprised to hear a strange noise nearby.

"what was that?" she asked quietly.
”I don't know," replied the Scarecrow." but we can go and see."
 Just then another noise  reached their ears, and the sound seemed to come from behind them. They turned and walked through the forest until dorothy discovered something shining in the light. She ran to the place, and then stopped quickly. 
 

Just then:まさにそのとき


One of the big trees had been partly cut through and standing beside it, with ax in his hands, was a man made completely of tin.


with ax in his hands:オノを両手で持って 
a man made completely of tin;全てがブリキで出来ている男 


" Did you make a noise? " asked Dorothy. 
" Yes," ansered the tin man, "I did. I've been making noises for more than a year but no one has ever heard me before, or come to help me.


I've been making noises for more than a year but no one has ever heard me before, or come to help me.:
もう1年以上も前から音を出し続けているんだけれども、でも、これまで、誰も自分(の出す音)に気付いてくれなかったか,(気付いても)助けに来てくれなかったんだな。


" What can I do for you? " asked Dorothy gently- because the man's voice  made her feel sad.
" Get some oil and oil me , he answered. " I cannot move my legs or arms. If I am oiled I shall soon be all right again.You will find some oil in my house." 


Get some oil and oil me:オイルを取ってきて、私にオイルをさしてくれ
If I am oiled I shall soon be all right again:もしオイルをさしてもらえたら、すぐに再び動けるようになるのだけれども。

画像1011 007.jpg

Dorothy found the oil and then asked him where she should put it.
" Oil my neck first. replied the Tin Woodman.
So she oiled his neck while the Scarecrow held his tin head and moved it gently from side to side - until the Tin Woodman could move it by himeself.

(後略)
IBC版は、物語の進行を、ゆっくりと楽しめると思います。

☆☆
それでは、最後に、「原作」を、少しみてみましょう。
この原作は、プロジェクト・グーテンベルグで「wizard of Oz」と検索していただくと、原作全編、及びこれに続く個別の各物語、を読むことができます。

画像1011 004.jpg

まずは、物語のスタートです。
KansasでのDorothyの生活はどうだったのでしょうか。
 

1.  The Cyclone
Dorothy lived in the midst of the great Kansas prairies, with Uncle
Henry, who was a farmer, and Aunt Em, who was the farmer's wife.  Their house was small, for the lumber to build it had to be carried by wagon many miles. 

There were four walls, a floor and a roof, which made one room; and this room contained a rusty looking cookstove, a cupboard for the dishes, a table, three or four chairs, and the beds. Uncle Henry
and Aunt Em had a big bed in one corner, and Dorothy a little bed in
another corner. 

There was no garret at all, and no cellar--except a small hole dug in the ground, called a cyclone cellar, where the family could go in case one of those great whirlwinds arose, mighty enough to crush any building in its path.  It was reached by a trap door in the middle of the floor, from which a ladder led down into the small, dark hole.

When Dorothy stood in the doorway and looked around, she could see nothing but the great gray prairie on every side.  Not a tree nor a house broke the broad sweep of flat country that reached to the edge of the sky in all directions. 

The sun had baked the plowed land into a gray mass, with little cracks running through it.  Even the grass was not green, for the sun had burned the tops of the long blades until they were the same gray color to be seen everywhere. 

Once the house had been painted, but the sun blistered the paint and the rains washed it away, and now the house was as dull and gray as everything else.

When Aunt Em came there to live she was a young, pretty wife.  The sun and wind had changed her, too.  They had taken the sparkle from her eyes and left them a sober gray; they had taken the red from her cheeks and lips, and they were gray also.  She was thin and gaunt, and never smiled now. 

When Dorothy, who was an orphan, first came to her, Aunt Em had been so startled by the child's laughter that she would scream and press her hand upon her heart whenever Dorothy's merry voice reached her ears; and she still looked at the little girl with wonder that she could find anything to laugh at.

少しデダシは暗いのですが、難しすぎる表現はあまり使われていません。
いまだサイクロンは来ていませんが、話はず~ととんで、ドロシーは、冒険をおえて、やがて元のカンザスに戻ってきます。

物語の最後のシーンを、原作で、みてみましょう。


HOME AGAIN
画像1011.jpg

AUNT EM had just come out of the house to water the cabbages when she looked up and saw Dorothy running towards her.
" My darling child ! " she cried, forlding the little girl in her arms and covering her face with kisses.
" Where in the world did you come from? "

"From the Land of Oz," said Dorothy gravely. "And here is Toto,too. And oh, Aunt  Em!  I'm so glad to be at home again!"    


☆☆
めでたし、めでたし、というところですね。
この最後のホンの少し前の章で、ドロシーとともに旅をしたそれぞれの仲間の身の振り方も決まり、ドロシーも安心してカンザスに帰る事が出来たわけです。

この物語は、原作を含めて、もっと英文で読まれていい物語だと思います。
どこかに旅したいときには、そのお供に、ピッタリですね。

☆☆
最後に、オズの魔法使いといえば、「映画」と、主演のジュディー・ガーランドの歌う「Over the rainbow」を思い浮かべられる方も多いと思われます。

そこで、懐かしのこの「歌」をお届けして、ご紹介の末尾としたいと思います。
Youtubeより、歌詞つきのものを。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
柚季

『The Wizard of OZ』、高校生の頃に読みました~。
『Alice's Adventures in Wonderland』に挫折して、原書で本を読むなんて無謀かもと諦めかけていたときに、この本は何とか読めて、原書に苦手意識を持たずにすみました(笑)
久しぶりに読み返したくなります。
by 柚季 (2011-10-12 17:09) 

足立sunny

柚季さん、こんばんは、です。
『The Wizard of OZ』
おっしゃるとおり、これは珍しく?、わりかしやさしいというか、表現がていねい・親切なんですよね。
当方も、これは、洋書原書入門には、イイカンジだと思っています(ストーリー自体も面白いですし)。

GRとIBC(元のヨウハン)で読むのも悪くないのですが、この物語は、原書の方が味わいもありますし、頑張れば高校生でも読める原書なので、他の高校生の方にも(一般の英語・英語されている方や多読などされている方にも)、是非読んで欲しい、と思っています。
まあ、何より、けっこう面白いですから、ですね。

写真の本は、「Puffin」パフィンのクラシックというシリーズの一冊なんですが、「Puffin」は、ペンギンのちょっと下のやさしめのクラシック物をあつかっていて、他の物語も、そのうちご紹介したいモノがいくつかあるのです、ですね。
(リーディングツリーを引っ張りすぎて)月一になってしまいましたので、ここから少し奮起して、もっとイロイロな本をご紹介してゆきたいと思います。
by 足立sunny (2011-10-12 19:56) 

足立sunny

原書の写真、入れ忘れました。
パフィン・クラシックの一冊です。
by 足立sunny (2011-10-12 20:08) 

足立sunny

musselwhiteさん。
ご訪問&ナイスありがとうございます。
これからは、サボらずに、どんどんご紹介したいと思います。

ビタースイートさん。
ご訪問&ナイスありがとうございます。
今、次を書き上げましたので、当方としては異例ですが、新しいのを2日続けてアップしたいと存じます。

by 足立sunny (2011-10-13 17:47) 

足立sunny

e-g-gさん。
ご訪問&ナイスありがとうございます。

代々木公園の水彩画、ステキですね。
絵の描ける方は、ホント、うらやましいです。
もっとも、時間もかかりますよね。
これからも、ときどきおじゃましますので、宜しくお願いします。

by 足立sunny (2011-10-13 17:58) 

マチャ

まさに名作ですね。
over the rainbowも歴史に残る名曲(>▽<)
by マチャ (2011-10-13 19:20) 

足立sunny

マチャさん、ありがとうございます。

実は、この記事は7月に書いたのですが、グレードリーダーをもう一つ入れたいと思いまして、ずっと保留にしてあったのです。
でも、もう一つのアメリカ物(日本未発売)がなかなか入手できませんで、思い切って、この形で行くことに。

歌の方ですが、やはり、本と切り離しても、どうしてもこの歌は入れたかったのですね。映画は印象に残っていないのですが、歌は、当方には珍しく、鮮烈に覚えているんですね。
ただ、題が、Somewhere over the rainbow なのか over the rainbow なのか当方はよくわかなかったので、over the rainbow にしておきました。
映画付きの動画もあったのですが、歌詞が出てきた方がわかりやすく、歌に専念できるので、こちらをお借りしてきました。
by 足立sunny (2011-10-13 21:13) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: