So-net無料ブログ作成
検索選択

,NODDY少年と、おもちゃの街の物語(絵本) [NODDY]

今回ご紹介しますのは、NODDY少年が主人公の、おもちゃの街の物語(絵本)です。
Enid Blyton 作。

画像0105 001.jpg
NODDYノディ少年は、おもちゃの街(国)にあるHouse-for-One の中にすんでいる、木でできた男の子の人形(本の右側の青い帽子の男の子)なのですね。
絵では、そうは見えないんですけれども。

NODDY君の物語は、イギリスで生まれたのですが、「おもちゃの国のノディ」として、日本でも、ファンを獲得しています。
イギリスのアニメ番組としては、最長寿番組として、みんなに親しまれているようです。

NODDYとは?(Wikipediaより)

原作シリーズの第1作に当たる本には、きこりによって木から彫りだされたが、きこりが木でライオンも作ったのを見て、ノディが怖い思いで逃げてきた、という生い立ちが描かれている。 服も家も金もないまま森の中をさまよっていたノディは、ビッグイヤーというブラウニーに出会う。

ビッグイヤーはノディがおもちゃだとわかり、おもちゃの国(街)へ連れて行き、服一式と自分で建てられる家を買って与えた。
ノディ本人はおもちゃの国の住人であることを幸せに思っていたが、この時点ではまだ正式におもちゃの国の住人ではなく、さまざまな試験や検査を受けてかつ、一体の人形をライオンから救ったことが判事に伝えられたことで、おもちゃの国の住人として認められた。
また、この後に起きた事件を解決した後、ノディは数冊の本と車を手に入れた。ノディは自分の持っている赤と黄色のタクシーに乗っておもちゃの国を走り回るのが好きである。
ノディはタクシーのクラクションと、自身のかぶっている三角形の帽子についている鈴を鳴らすことで、客に自分の居場所を知らせる。

もちろん、NODDY少年も、おもちゃの街(国)で暮らす人々?も、自分の町ですから、ごく自然に振舞っています。みんな、出身はおもちゃ、だとは思うのですが。

画像0105 002.jpg
こちらが、彼が暮らすおもちゃの街(国)の、おおよその全景です。
殆どなんでも揃っていまして、おもちゃの街(国)ですから、およそ不思議な住民達が住んでいます。

☆☆
少し、前書きが長くなりましたが、いろいろ出ているNODDY君の物語から、今回は、けっこう長めの3冊を、ご紹介したいと思います。

英語は、あまり難しい単語は出てきませんが、街での暮らしですから、日常的に使用されるいろいろな表現、自然な英語表現がたくさん出てまいります。

中学3年、高校生ぐらいであれば、自然な表現を学びながら(熟語表現、言い回し)、楽しく読むことが出来ると思います。

いずれの絵本も、8つの章(連続する小物語)から成っており、だいたい60頁ぐらいありますから、かなり読み応えがあります。けっこう分量もありますから、3冊も読むと、相当の勉強になるかとも思います。
楽しい物語、ほほえましい物語ばかりですので、読後感がさわやかです。

☆☆
YOU'RE GOOD FRIEND NODDY!

画像0105 001.jpg
画像0105 003.jpg

1. A LETTER FOR NODDY

RAT-A-TAT-TAT!

" Why, that must be the postman ! " said Noddy, in surprise.
He was just getting up, so he wrapped a big towel round himself and ran to the door, his hair untidy and his feet bare.

" Letter for you,Noddy, " said the postman.
" I think it's from Big-Ears."

" Oh yesーit's his writing, isn't it ? " said Noddy, looking at the envelop with big writing on it.

" What do you suppose he says, postman ? "

" Look and see, " said the postman, who was always interested in everybody's letters.

So Noddy tore open the big envelope and found a large white card inside.

" Oooh, look, Postman ! " he said.
" Big-Ears is giving a partyーand he's asking me to come. It's tomorrow ! A party ! Are you going, Postman ? "

"No," said the postman,looking gloomly." It's very sad, you konwーI take invitations to parties almost every dayーbut nobody ever asks me ."

" I'll ask you to my very next one, " said Noddy, nodding his head fast. " I won't forget. Postman, did you take a letter to Tessie bear as well ? "

" Oh yesーand to the Tubby bears next door, and to Miss Fluffy Cat, and the Wobbly Man. " said the postman.
" That's all. I don't really think Big-Ears could get any more into his house. And he's ordered a big cake. I know that because I took the postcard aout it to the baker's yesterday. "

" It must e nice to be a postman, " said Noddy, " and know simply everything. "

" And it must be nice to be a taxi-man like you, and go everywhere, " said the postman. " And on wheels too. I go on my feet,and it's a wonder they're not worn out. "


on wheels:車に乗っている(wheel=車輪)
it's a wonder they're not worn out:足がすり減ってしまわないのが不思議なぐらいだ。


☆☆
続きまして、こちらを少し。
NODDY AND THE AEROPLANE
(aeroplane=airplane)
画像0105 004.jpg
画像0105 005.jpg

1.NODDY GIVES TUBBY A JOB

One day Noddy came home quite tired out. It had been a very busy day !

quite tired out:すっかり疲れ果てて  


" I feel too tired even to clean you, little car." he said. " And you're, very, very darty, because it's such muddy weather. "

" Parp-parp, " said the car, in a little voice. It didin't like eing dirty. 

" I feel too tired even to sing a song, " said Noddy, getting out of the car.
" And I had thought of a very nice little coming-home song.
It began like this:
 'How nice it is to be home for tea, in a dear little house that just for me, and ...' "

" Noddy ! Hallo, Noddy ! " called a voice from over the fence.
" Did you have a good day ?  Ooooh, isn't your car dirty ? "

" Oh, hallo, little Tubby Bear, " said Noddy,opening his garage doors.
" How much trouble have you caused today ? "
I hear you've been very naughty lately. It"s about time you did something good for a change. "

" I'd like to, Noddy, " said the Tubby,climbing over the fence.
" I'd like to very much. Are you tired ? Can I do something for you ? I really do want to be good. I'm tired of being naughty. "

naughty:イタズラな、たちの悪い


" You are tired of being punished, you mean, " said Noddy.
" Now, if I could only trust you to be good, I'd ask you to clean my dairty little car. I feel just too tired to get out my ucket and my cloths, and... "

" NODDY ! I'll clean your car all over, O ! I'll clean your car all over, I'll make it shine and gleam, I'll make it as good as new ! " shouted Tubby, in excitement.

" Oh, LET me clean it ! I can pretend it is my car. I'll get every spek of dirt of it, I'll get every spek of dirt of it, I'll..."

" All right, all right, don't shout, " said Noddy, putting his hands over his ears said Noddy, putting his hands over his ears.

" You could clean my car well, I'm sure, but I just don't trust  you.

You'd do something sillyーlike tke the hooter off and not put it back againーor take the wheels off and them roll down the road.
I know you, Tubby.
You may be small but you can make Very Big Mistakes."

(aeroplane がまだ出てきませんが、この辺で。) 

☆☆
最後に、こちらを、途中からほんの少々。
NODDY AND THE MUMPY-DOG

画像0105 006.jpg
画像0105 007.jpg

3.A TALK WITH BIG-EARS

NODDY drove to Toy Town and Miss Rabbit and Tessie bear both got out.

" Thank you, Noddy, " they said. " We did enjoy the ride and the ice-creams ! "

" So did I ! " said Noddy.
" Now I'm going to see Big-Ears to tell him aout that poor dog. "

And away he went through the wood to Big-Ears' Toadstool House.

Big-Ears was doing his washing, and he was very pleased to see Noddy.

" You are come just in time, " he said.
" Go and hang up these things on my line to dry, Noddy, will you ? "

" I came to tell you about a poor dog, " said Noddy, taking up a big pile of washed curtains.

" Oooh These are heavy, Big-Ears. "

" Only because they are wet, " said Big-Ears. "
" What's this about a poor dog ? Hasn't he got any money ? "

" I don't mean that kind of poor,  I don't mean that kind of poor, " said Noddy, struggling out of doors with the curtains.
" Where are your pegs, Big-Ears ? "

peg:洗濯バサミ 


" In a peg-bag, " said Big-Ears." I'll bring it out with me. "
So  he went out with Noddy, carrying the peg-bag and some more washing.

" How do you hang these ig curtains on the line on such a windy day ? " said Noddy.
" As soon as I let go of the curtains to go to the peg-bag, they try to get away. Stop it, curtainーnow you're flapping me in the face ! "

" Oh Noddyーlook, do as I do, take some pegs and hold them in your mouth while you hang up the curtainsーthen peg them quickly, " said the Big-Ears. 

So Noddy took quite a lot of pegs and hold them between his teeth, while he struggled with an extra-big curtain.

" Now tell me aout this poor dog, " said Big-Ears.

" Ee-woo-ee-gog-gog-woo-woo, " said Noddy.

Big-Ears looked round in surprise.
" What is that ? Are you talking dog language, Noddy ? I can't understand a word. "

" Woo-gog-gog-rg-eg, " said Noddy, his mouth full of pegs.

Big-Ears began to laugh.
" Oh ! You're holding the pegs in your mouth, of course. Mind you don't swallow one ! "

無事だといいですが、愉快ですね、NODDY 少年。

☆☆
いかがでしたでしょうか。

ホンの少々しか、お話をご紹介できなかったのですが、おもちゃの街(国)で繰り広げられる、DODDY 少年の楽しく愉快な物語。

おもちゃの街に住むってどういう感じなのか?については、栃木県の「おもちゃのまち」に住む人に聞けば、ひょっとすれば、わかるかもしれません。

NODDY少年の物語は、たくさん出版されていますが、上のものは、けっこう分量もありますし、英語日常表現の宝庫的な物語です。

あなたも、おもちゃの街で、NODDY少年のタクシーに乗ってみませんか?


NODDY君には、イギリスに、ホームページもあります。
 NODDY ホームページ:イギリス
(外国サイトなので、アクセスにはご注意下さい)

NODDY と愉快な仲間達が集うプレイグランドもありますね。
 PBS KIDS NODDY 
(外国サイトなので、アクセスにはご注意下さい)

 PBS KIDS のほかの番組 
(Curious Georgeなど他のキャラクターのプレイグランドへ行けますが、外国サイトなので、アクセスにはご注意下さい。)


Youtube動画でも、いきいきしたNODDY君に会えます。
楽しいNODDYテーマソングも、聴けますね。 

では 今回はこれで。
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 4

コメント 5

レモン

足立sunnyさん
今年もよろしくお願いします。
Noddyの作者は私の好きな本「The Naughtiest Girl」のEnid Blytonですね。
このシリーズは確か子供番組でも放送されていた気がします。
子供達が小さい時に見ていたような記憶が蘇ってきました。
早速、オススメの3冊を手に入れてみようと思います。
今年は確実に会話に繋げるような学習を心がけたいので
絵本もフル活用したいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
by レモン (2012-01-06 08:32) 

足立sunny

レモンさんへ。

久しぶりで、作者、書くの忘れてました。
Enid Blyton氏は、ほんとにいろんな作品を書きますね。
NODDYは、
日本では、NHK教育で「おもちゃの国のノディ」として、その後、BSフジとキッズステーションで放送されていた子供向け番組『ネポスこどもCLUB』内で「NODDY」として、それぞれ別に製作されて、放送されていたみたいです(=wiki~より)。
当方も、英会話元年として、頑張ろうかと思いますので、本年も宜しくお願いします。
by 足立sunny (2012-01-06 17:38) 

マチャ

素敵な絵本ですね(*^_^*)
世界中で愛されているのも納得です。
by マチャ (2012-01-06 18:01) 

足立sunny

マチャさんへ。
NODDYの本が書かれたのは、もう50年以上前なのですね。
もう少し経ちましたら、最初の物語とかおもちゃの街の住民になるエピソードとかを、ご紹介したいと思います。

この絵本は、ページ数が多くて読み応えがあるので、どんな人も楽しめる感じかと思います。

by 足立sunny (2012-01-07 01:38) 

足立sunny

皆さん、ごめんなさい。
NODDY君の動画、最初英語版でありませんでした。

今回のは、英語版です。
テーマソングのあとに、物語が始まります。
by 足立sunny (2012-01-07 05:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: