So-net無料ブログ作成
検索選択
Oxford Reading Tree ブログトップ

Oxford Reading Tree リーディングツリー [Oxford Reading Tree]

今回ご紹介するのは、
Oxford Reading Tree オックスフォードリーディングツリー
というシリーズ本です。
画像0919 001.jpg


画像0919 009.jpg

こちらは、もちろん、あのオックスフォード大出版局から出ている英語教材・英語学習の絵本なのですが、イギリスの小学校での国語教育の一翼を担っている本でもあります。

☆☆
ステージ1からステージ9までに分かれたレベルアップ絵本で、各ステージがA、Bとあって、それぞれ数冊で構成されています(ツリートップ=ステージ~16が一番上・最後です)。

特色としては、物語の登場人物が、いろいろなことを体験していき、また学校でいろんなことが起きるのですが、
登場人物がある程度共通した、所定の舞台設定になっていることと、
ストーリーによって異なるのですが、マジック・キイなるもののおかげて、マジックによりいろんな時代、場所に飛んでさまざまな異色体験が起きる設定のストーリーがあること、
など、子供達を飽きさせず、いろいろ学べる物語になっていることです。

英文は、すこしづつ、いろいろな単語や表現が、レベルがあがるごとに、ちょっとづつ出現しますので、無理なく自然にレベルアップできる設定です。

それと、ですね、とにかく、絵というかイラストが頁の大半を占めていて、その下に文がほんのちょっとあるという、「文の量が少ない」、「絵と結びついて直感的に文が理解できる」、そういう感じになっているところです。

ほんとに、絵ばかり、という印象なんですね。
もっとも、当方、全部を読んだわけではないので、必ずしも、そうではないのかもしれませんが、「絵本」以外の何者でもない、という感じはします。

☆☆
この「オックスフォード リーディングツリー」は、
洋書多読をしておられる方には、非常におなじみの本:多読教材なのですが、

普通の英語学習をしておられる方や、一般の方の間では、そうとうなじみの薄いシリーズで、「リーディングツリー」という語句を聞いたことはあるけれど、実際にどんな本だかわからない、という声もけっこうあるかと存じます。
そんな名前、初めて聞くという方も、少なくないかもしれません。

では、さっそく、中間レベルのステージ5の中から、ステージ5のAを2冊、Bを2冊、少しのぞいてみることにしましょう。

だいたいのフンイキは伝わると思います。
このステージ5の英文は、中学3年生ならば、比較的楽に読みこなせるものと思います。

では、さっそく。
ですが、本当は、こんなに多量に絵と文を引用しては、いけないのですが、ですね。

ステージ5の一部分だけですから、オックスフォードさん、オネガイ許して、と懇願する当方です。
このように引用しないと、その魅力がわかってもらえないと、思うんですね。
ご紹介ですから、魅力をお伝えしないと、ですね。
オックスフォードさん、オネガイ、許して下さいね。

このシリーズは、「SEG」というところで、多読用にセット買いしますと、
お得なのですが…、冊数がまとまるので、お得でも、お値段が張るんですね。

☆ ☆
Underground Adventure (ステージ5 ストーリーA)
画像0919 001.jpg 

画像0919 003.jpg 
The children were in the celler. They wanted to find a secret tunnel.


celler:地下貯蔵庫

画像0919 004.jpg
The children looked everywhere. They tapped on the floor. They tapped on the walls.
But there was no secret tunnel. “ It’s no good.” Said Biff.


It’s no good:ダメだな

画像0919 005.jpg
Kipper ran to the cellar. He had the magic key. The key was glowing.

画像0919 006.jpg
They ran to Biff’s bedroom. “Come on “ called kipper. “ It’s time for a Magic adventure.”

画像0919 007.jpg
The magic took them underground. They were in a big tunnel. Wilma picked up a lamp.
“ Come on , “ she said. “ Let’s go ! “

画像0919 008.jpg
There were elves in the tunnel. But they were shy. “ Oh no ! “ they said. “ Childen !”
The children went down the tunnel. They don’t see the elves. “ This way, “said Wilma.


elves: elf 妖精の複数形
shy:シャイ(恥ずかしがりの、人見知りする)
This way:こっちだ

(以下、略)

☆ ☆
It’s Not Fair ステージ5 ストーリーA
画像0919 009.jpg

画像0919 010.jpg
Mrs May was ill. The children had a new teacher. He was called Mr Fry.

画像0919 011.jpg 
It was a story time. The children sat in the reading corner. Mr Fry had a new story. The story was about a king. He was called King Arthur.


King Arthur:アーサー王

画像0919 012.jpg
Here is King Arthur,” said Mr Fry, “ and here are his Knight. They lived a long time ago.” King Arther had a round table. All the knight sat round it. They liked the round table.


アーサー王の円卓の騎士は、有名ですね。

画像0919 013.jpg
The children did a project. The boys were knights. “ It’s not fair,”said Biff. 


It’s not fair:不公平だわ(公平じゃないわ)

画像0919 014.jpg 
Biff wanted to be a knight. ”It’s not fair,”she said. ”Why can’t girls be knight?”


Why can’t girls be knight:なぜ女の子は騎士になれないの?

画像0919 016.jpg
Biff was in her room. She wanted to go skateboarding. But the magic key began to glow.

画像0919 017.jpg
“Oh blow ! “ said Biff.” “ I wanted to go skateboarding.”

画像0919 015.jpg
The magic took Biff to King Arthur’s castle. It put her in a dress.
“ Yuk !” said biff. “I wanted to be a knight. Knight don’t wear dresses.”


The magic took Biff to King Arthur’s castle:マジック(魔法)は、ビフをアーサー王の城につれてきた
Yuk:ヤダ~(Yukは「困った・好ましくない時」「いやな時」に出るショックの子供言葉で、「いや~」「ヤダ~」という感じ)

画像0919 034.jpg 
Biff was cross with the magic. She saw some knights. “Can I be a knight?” she said.


cross with the magic:マジックに怒りを覚えた(cross=悪い感情を持つ、憤る)

画像0919 035.jpg


The knights laughed. “ But you are a girl,” they said. “Girls can’t be knights.”

画像0919 033.jpg
Biff got on the skateboard.
" You couldn't do that," she said.
" Now can I be a knight ? "
The knights were amazed.
" We'll have to ask King Arthur,"said the Knights.


エエト、なぜBiff の服装がかわっているのか、などと言われましても、
これは、その、お話でありますから、ですね。 

 (以下、略)

☆ ☆
A  New Classroom ステージ5 ストーリーB
画像0919 025.jpg

画像0919 026.jpg
Some people came to the school. They put a fence across the playground.

画像0919 027.jpg
Then children looked at the fence. “What is it for? “ asked Wilf. Nobody knew.
A lorry came to the school. It had blocks on it. “What are they for? Asked Biff.


lorry:運搬車
What is it for:何のためのものなの?(forで使用目的を疑問にしている)

画像0919 031.jpg
Then a digger came. The children were excited. Some men dug a long trench across the playground. “ What is it for? “ everyone asked.


digger;穴掘り機(ここでは、パワーショベルが来ています)

画像0919 032.jpg 
It was time to go in but the children didn’t want to. They liked the digger. Mrs May looked at the trench. “ It’s for a new classroom, “ she said.


trench:細長い溝

画像0919 030.jpg
The children were excited. They wanted to find out about the new classroom. The children looked at some books. Wilf found a book about diggers. Chip painted a picture of one.


one:ここではdigger を指す

(以下、略)

☆ ☆
Camping Adventure  ステージ5 ストーリーB
画像0919 019.jpg

画像0919 020.jpg
Mum and Dad went camping. They took the children. They went to a farm.

画像0919 021.jpg
Mum and Dad had a new tent. They put it up. Wilf hlped. Wilma got some water. “ I like it here,” she said. “ I like camping.”

画像0919 022.jpg

Mr Jones was a farmer. He had to milk the cows.” Come and watch,” he said. “ What a lot of cows ! “ said Wilf. “ Mr jones laughed.
“ We milk them every day,” he said.


had to milk the cows:牛の乳を搾らねばならなかった(ここではmilk=乳を搾る、という動詞)

画像0919 023.jpg
Mum wanted some milk. She went to the farmhouse.
“ I want some eggs too,” said Mum.
“ Mrs Jones was expecting a baby. She was expecting it soon.
“ It may come today,” she said.


It may come today:今日にも生まれるかもしれないわ

(以下、略)

いかがでしたでしょうか。「オックスフォード リーディングツリー」。
子供達が楽しそうに勉強している姿が、目に浮かびますね。

日本の小学、中学などでも、ぜひ副教材に採用して欲しいものです。

画像0919 002.jpg

大人である皆さんは、各ステージセットを大人買いされると、素晴らしいでしょう。
何と言っても、OXFORD の本ですからね。
出費の分を取り戻すため、英語学習の成果も、たぶん、あがりますね。

なお、オックスフォードの読書教材関係は、以下を参照下さい。
OXFORDユニバーシティプレス 全シリーズ詳細

画像0919 024.jpg

まあ、当方は、Book〇〇fで、廉価マトメ買いしたのですが、ですね。

「オックスフォード リーディングツリー」楽しく読まれると、良いと思います。

 


Oxford Reading Tree ブログトップ